髪をかき上げる女性

セクキャバで遊ぶ時はルールを守ろう

後ろ姿

毎日のお仕事でお疲れの男性の皆さん、今度の週末はセクキャバに癒されに行くのはいかがでしょうか。セクシーキャバクラ、つまりセクキャバは、おっパブとも呼ばれています。新宿などの繁華街に多くお店を構えています。新宿のお店なら仕事帰りに寄りやすいです。初めて行く人もそうでない人もいると思いますが、セクキャバに遊びに行く時に大切なのは、NG行為はしないで、ルールを守って遊ぶことです。NG行為とは具体的に、女性の下を触る、男性の下を女性に触らせる、女性の下を脱がせることです。店舗や地域によってこのルールは異なることはありますが、基本的にはセクキャバにはこのような禁止事項があります。ルールを守らなかった場合、キャストの女性が嫌な思いをしたり、スタッフに注意されたりしてしまいます。女性も客である自分も嫌な気持ちになってしまいます。先ほど述べたとおり、このルールはお店や地域によって異なるので、初めてそのお店に入る場合は、必ず禁止事項を確認するようにしましょう。逆に、キス、Dキス、お尻を服の上から触る、女性の上を触る、女性の上を直接舐めることは可能ですので、このルールを守って、楽しく遊びましょう。セクキャバは新宿などに多くありますので、ぜひお仕事帰りに立ち寄って、癒されてはいかがでしょうか。

初めてのセクキャバ選び方のポイント

新宿エリアでの初セクキャバ選びは、店舗をしっかりと事前リサーチすれば何も問題がありません。
新宿というイメージが最初は怖いといったことを連想しがちですが、新宿のセクキャバは全くそうではありません。
風俗系のお店(キャバクラ・セクキャバ・ピンサロ・ソープ)はいろいろありますが、ボーイに関していえば、
新宿のセクキャバはしっかりしているといえます。なので普通にしていればまず通常の接客をしてもらえます。
セクキャバ選び方のポイントですが、料金形態はどこのお店も似たような料金であるかといえます。だいたい40分~50分で7000円~10000円が相場です。
なので、最重要となるのがキャストです。
キャストは当然、お店によって全くタイプが異なります。お店それぞれの独自性がそこにあらわれます。
例をあげると、ルックス重視のお店、巨乳重視のお店、事前選択型のお店などがあるかと思われます。
一部ハイレベルなキャストが揃う高級店もあります。この場合、VIPルームもあり別途料金掛かかることも多いです。
その日によって気分は違うと思いますので、できるだけ多くのお店を事前リサーチし、それぞれの自分のお気に入りをまずは選択し、突撃するのがおすすめです。
最後に抜きのサービスはないので、過度なイメージをしすぎると逆に悶々としてしまうのでほどほどにするのが良いかと思います。

セクキャバに入る前に禁止事項はしっかり聞きましょう

綺麗な女の子と一緒にお酒を飲むのは楽しいですが、そんな女の子とお酒を飲んでお喋りをしているとお触りもしたくなるものです。
そういう時にうってつけなのがセクキャバですが、当然してもいいこと悪いことがあります。
新宿内のお店なら全体で共通しているルールもあれば、お店ごとに細部が違うルールもあるので、初めて入るお店、久しぶりに入るお店では、しっかりと禁止事項を聞くべきです。

お店ごとに細部が異なるルールの例としては、下半身へのお触りがあります。
新宿のセクキャバでは、どのお店でも下着の中に手を入れるのはNGですが、スカートの中に手を入れてお尻を触るまでは大丈夫な店もあれば、お尻でもスカートの上からでないとダメなお店もあるでしょう。
その違いを把握しておかないと、他の店と同じ調子で禁止行為をしてしまい、ボーイを呼ばれて怒られる、と言うこともあります。

新宿のセクキャバはルールを守ってこそ楽しい時間を過ごせるお店ですが、ルールを知らなければ守りようがありません。
ネットでしっかりと調べたから、他のお店で遊んだ経験があるからと説明を聞き流さずに、お店ごとのルールや禁止事項は入店前にしっかりと聞いて把握しておくべきです。